土曜日, 2月 23, 2019

確定申告 e-Tax 送信で終了

2月は所得税の確定申告作業で頭が痛い。
申告書作成作業は国税庁のe-Taxソフトを使っている。
e-Taxを3年前から使っているので慣れてきた。
提出はペーパーに印字して特設窓口(税務署がこの時期設ける)に持参して受け付けてもらっていた。

今年は意を決して電子送信で申告した。

結果は順当に受付してもらった。(昨秋、税務署で利用者識別番号、暗証番号を受けていたのでマイナンバーカードは使用しない)

送信前にはなんとなく不安があった。
1 送信がスムースにできるのか。
2  ペーパーで持参のときは「控えに受付印」が押されるが,受付の確認ができるのか。
3 「控」は電子保存か書面で保存できるのか
4 問い合わせにスムースに対応してくれるのか。
 など。

ソフトはかなり使い勝手がよくスムースに電子申告が完了した。

この期間受付窓口はかなり混雑して長時間待たされるが、今年は開放された。
期間中は24時間自宅のパソコンでOK。
簡単なもの(例えば医療費控除の適用)スマホでも申告できるようだ。





木曜日, 2月 21, 2019

雪の温泉で癒す

少し疲れたので、草津温泉で湯治す。 2月6日,7日
マイカーでの雪道運転は苦手、久しぶりに公共交通機関を使って小さな旅をした。
自宅を2時ごろ出発、バス、電車(JR信越,JR上越、長野原線、,JRバスの乗り継ぎで)宿についたのは日も暮れた7時過ぎだった。
車で行けば自宅から1時間半のところ。


一泊目はログハウス
中国の旧正月の旅行客が大勢・・にぎやか
日程を「浅よみ」の つけ

帰りはJRバスで浅間牧場経由で軽井沢へ。雪のバス旅も楽しい。
所要時間1時間半、2,200円。(安くない)
新幹線で帰る。軽井沢・安中榛名間 15分弱
旧軽井沢 旧三笠ホテル
バスの中から撮る

山里の春 もうすぐ

庭に蝋梅咲く


普段は目立たない木。
外の北風吹く冬の庭にしっかり咲くこの花は春が近づいてることを教えてくれる。

月曜日, 1月 21, 2019

雪が少ない 浅間山 

浅間山は軽井沢側からが見栄えがする。
ショッピングセンターの帰りに撮る。

快晴の浅間山
軽井沢より 2019/01/18

木曜日, 1月 17, 2019

どんど焼き

無病息災、五穀豊穣 を願う正月恒例の祭り
平成31年正月13日 午前9時 火入れ 天気快晴
子供育成会中心に立てる


お正月のお飾りを焼いてもらう

朝9時 気温0度

繭玉(お団子)
焼いて食べると丈夫の体に
点火
甘酒
冷えた体に熱い あまさけ


金曜日, 1月 04, 2019

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。



今年もよろしくお願いいたします。
平成31年1月4日

無味無臭、人畜無害(これがなかなか難しい)の老人のブログをご笑覧いただきありがとうございます。

あまりにも不合理や理不尽などあふれるこの頃ではときには「ぼやき、不満の発露」が出そうですが。。。


行動範囲が狭まる中で内容に深さや広がりはありませんが思いつきを載せます。

月曜日, 12月 31, 2018

ラベルのボレロ

正月の自由な時間にゆっくり、しっかり、楽しもうと思う音楽を選んだ。
モーリス・ラヴェルのバレー組曲「ボレロ」である。

ティンパニーが刻む同一のリズムの中で、2種類のメロディーが繰り返される。
管楽器からの導入は聞き耳を立てないとわからない小さな音色である。
フルートはじめ、金管、木管楽器が先導し、単調だが力強いリズムの繰り返しで音量が次第に大きくなっていく様は圧巻である。
フル演奏では15分程度、短く編集されたものは5分くらいのものもあり。
意思ある動きが頂きへ力強く向かっていくように小生には感じられ、好きだ。

数々の楽団が演奏している。
5  フランス国立管弦楽団
15分   シカゴ交響楽団

金曜日, 12月 28, 2018

年賀状 やめる

写真はどれにするか、文面はどうか、宛先に漏れはないか?
例年の今頃は「年賀状」を仕上げ投函の時期である。

いろいろ考えた末、年賀状(年賀はがき)発状をやめることにした。

理由
はがきに載せる山の写真がそろわない、山行がしんどくなった。
そろそろ、身辺整理。

一番の心配は「お付き合いをやめると受け取られないか」である。

寒中見舞い、暑中見舞いは例年どうり発状予定。
近況はブログでカバー予定。 http://usuinokaze.blogspot.jp

前回年賀状の末尾文
◯「年賀はがき」は今年限りといたします。失礼の段、ご容赦ください。気力体力とも下降気味です。今までのご笑覧ありがとうございました。

前々回年賀状の末尾文
◯ 年賀ハガキもそろそろ「クローズ」・・頭をよぎるようになりました。

少学校同期生の死


「歳を重ねると言うことは、出会いよりも わかれが増えると言うことだ」

藤沢周平 三谷清左衛門 残日録




同期生S氏が亡くなった。
長年、先生として親しまれ、退職後は地区の公民館長としても活躍され、同期生からも信頼された活動的な人柄であった。
そして、お酒をこよなく愛した。宴席では彼の周りに輪ができた。

弔辞の最終節を下記で締めた。
『貴方が若くして赴任した中之条六合村「小雨にある小学校」近くの暮坂峠に若山牧水の碑があります。牧水はお酒をこよなく愛した旅の詩人でした。

あなたが永久の旅に出るにあたり同期生の声を贈ります。
 お医者さんからはお酒はダメと言われていたでしょう。でももう、我慢は無用です。
  そちらに晩秋や初冬という季節があるかわかりませんが、静かにゆっくり「熱燗に浸ってください。
心からご冥福をお祈りいたします、そしてお別れの言葉といたします。
さようなら。』
・・・・・・・・・・

確定申告 e-Tax 送信で終了

2月は所得税の確定申告作業で頭が痛い。 申告書作成作業は国税庁のe-Taxソフトを使っている。 e-Taxを3年前から使っているので慣れてきた。 提出はペーパーに印字して特設窓口(税務署がこの時期設ける)に持参して受け付けてもらっていた。 今年は意を決して電子送信で申告...